本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市南区、「2017年の観光都市」に選定
作成日
2015.01.26
ヒット
183

光州市南区が、文化体育観光部の「2017年 今年の観光都市」に選定され、今年から本格的な事業推進に着手する。

同区は19日、文化体育観光部主管の「2017年 今年の観光都市」に、江陵市、慶尚北道高霊郡と共に選ばれ、今年から2017年まで国費や市費など計50億ウォンの支援を受けると明らかにした。

「今年の観光都市事業」は、文化遺産や自然環境などに恵まれた地域を観光都市として発展させるため、昨年スタートした。選定から当該年度までの2年間にわたって集中的な投資や諮問などが行われる。

昨年は「2016年 今年の観光都市」として、忠清北道堤川市と全羅北道茂朱郡、慶尚南道統営市が選ばれた。

南区は100年の歴史が息づく近代歴史文化の宝庫・楊林洞と、今年9月に開館予定の国立アジア文化殿堂のアクセシビリティなどが高い評価を受けた。

これを受け、南区は国費・市費37億5千万ウォンなど計50億ウォンの予算を活用し、今年からコンテンツや商品開発、宿泊などインフラ・施設の改善事業を推進する。また、積極的な広報マーケティングを通じて、全国最高の観光都市を目指す計画だ。


原文記事
出所:ニューシース(2015.01.19)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。