本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、キムチ伝統発酵食品団地の造成を推進
作成日
2015.01.26
ヒット
152

キムチ伝統発酵食品団地が、光州市南区のキムチタウン団地内に造成される。

光州市は14日、計80億ウォンの事業費を投入し、キムチ産業の原・副材料の発酵加工および貯蔵施設や、新素材機能性食品加工施設などを含むキムチ伝統発酵食品団地を造成すると明らかにした。

同事業は2月から事業計画の事前検討および投資審査を行い、3月中に設計を発注し、10月に工事に着手して、来年12月に竣工する計画だ。

団地には、▲広報・販売施設、▲塩辛類の発酵・貯蔵施設、▲熟成キムチの発酵に必要な貯蔵および小包装施設、▲新素材機能性加工キムチ、小包装・加工設備、▲キムチおよび副材料の小包装材設備などが構築される。

また、すでに運営されているキムチタウンの加工施設と連携した、貯蔵・熟成・包装・流通などキムチ加工関連の全処理システムを構築できるようになる。

光州市の関係者は、「伝統発酵食品団地が完成すれば、キムチ関連の多様な研究活動を行う世界キムチ研究所、体験・博物館・加工施設を有するキムチタウンと共に、先端科学技術の集積化を通じた光州キムチ産業の活性化と、光州の世界キムチ中心地への育成に貢献できるものと期待される」と述べた。


原文記事
出所:ニューシース(2015.01.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。