本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道知事、「今年は経済活性化・融和に努力を」
作成日
2016.01.18
ヒット
391




済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒリョン)知事は4日、「新年の道政課題は第一に道民経済、第二に暮らしの質、第三に融和だ」と明らかにした。

元知事は同日午前、済州道庁で開かれた仕事始め式で、「今年は特別自治制度実施10周年を迎える節目の年であり、済州の第2の飛躍を始める年でもある」と述べた。

また、道民経済の活性化と関連し「経済はタイミングだ」とした上で、「第2空港、江汀クルーズ港、革新都市、神話歴史公園、英語教育都市など、済州の未来を切り開く新しいチャンスをタイムリーに活用する積極性と知恵が求められる」と話した。

さらに「電気自動車のような未来成長エンジン分野において、他の地域をリードすることができるように、タイミングを大切にする必要がある。今年は民生経済、足元景気がより回復し、道民の皆様が各分野で希望を抱くことができるよう、私たちがまずがんばらなければならない」と述べた。

元知事は「雇用こそ最大の福祉だ。神話歴史公園に続き、ドリームタワーなど至るところで大規模投資を推進しているが、肝心なのは雇用創出だ」とし、「これからは働き口ではなく、人材不足が問題となる時代になるだろう」と語った。

そして「江汀クルーズ港など道内懸案を推進する中で生じた葛藤やわだかまりを解消し、常識と原則に基づく信頼関係を構築してこそ、未来の持続的な成長も可能になる。このために、さらに努力してほしい」と呼びかけた。



原文記事
出所:ニューシース(2016.01.04)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。