本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、今年に食品博覧会に参加すると300万ウォンを支援
作成日
2017.01.04
ヒット
212

 



済州特別自治道は優れた済州産加工食品を国内外のバイヤーにアピールするため、今年の食品博覧会と展示会に参加を希望する企業を公募し、選定された企業に対しては支援を行うと2日明らかにした。

今年は3月に「大韓民国代表特産物直取引博覧会」、4月に「国際オーガニック産業博覧会」、5月に「ソウル国際水産食品展示会」、6月に「DAFOOD・釜山国際食品大展」、7月に「優秀給食外食産業展」、89がつに「お盆お土産商品展」、10月に「フードウィークソウル国際食品産業展」、11月に「釜山国際水産貿易エキスポ」など計10の食品博覧会と展示会が予定されている。

支援の対象となるのは道内に所在している食品製造加工企業で、選定されればブース利用料と基本的な機材費などが支給され、済州のクリーンな農特産品を展示し広報できるよう1企業あたり300万ウォンをさらに支援する。

企業の選定は済州道の地方補助金管理条例に基づいて地方補助金審議委員会の審議を経て最終決定される。

参加を希望する企業は今月16日まで道の食品園芸特作課に郵便やFAX、訪問、電子メール(milk234@korea.kr)などで申し込むことができる。

昨年には8つの博覧会に28社が参加し、済州の加工食品を宣伝した。

 


原文記事
出所:ニューシース(2017.01.02)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。