本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州観光訪問団 ホーチミンと香港で観光マーケティング展開
作成日
2017.04.27
ヒット
259

 


済州特別自治島が観光関係機関と香港など海外都市訪問団を構成し、27日から29日までベトナムホーチミンと香港を訪れる。

これはTHAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)問題の克服や市場の多角化を図るためのもので、行政副知事を団長に島・済州観光公社・済州コンベンションビューロー・済州特別自治島観光協会と島内の観光事業体12社が参加する。

訪問団はベトナムではベトナム一の民営航空会社であるベトジェットエアを訪問し、済州~ベトナム直行路線の必要性を説明、ベトジェットエアの今後の計画と意見を聴取する。

また、ホーチミンでは今年5000人以上のベトナム観光客を誘致するため、ベトナムの主要旅行会社5社と済州観光公社、州コンベンションビューロー、韓国観光公社ハノイ支社がインセンティブ観光客を誘致を目指す多社間MOUを締結する予定だ。

香港では済州島の観光事業体12社が参加する観光業界と現地の旅行業界の観光商品と観光客誘致に向けた観光客誘致相談会を開催する。

また、済州観光説明会を100の旅行会社とジャーナリストを対象に開催し、済州島の優れた自然文化と交通システム改編、スマート観光推進内容をアピールする予定だ。

同時に、香港と済州島の直行便を運営する航空会社の関係者と面談を行い、直行便増便による観光客誘致対策についても議論する計画だ。

 


原文記事
出所:ニューシース(2017.04.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。