本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「廃バッテリー・リサイクルセンター構築事業」 政府公募事業に選定
作成日
2017.05.15
ヒット
405

 


済州特別自治道は済州島が推進している「廃バッテリー・リサイクルセンター構築事業」、「新再生可能エネルギーとESS基盤のEV充電インフラ実証事業」が政府公募事業に選定されたと2日、明らかにした。

これにより、「廃バッテリー・リサイクルセンター」は先端科学団地内のデジタル融合センター(済州テクノパーク敷地内)の余裕敷地リサイクルセンターと収納場所など、2階建ての延べ面積4000㎡で建設される。

この事業は今年から2019年まで国費86億ウォンを含め、計189億ウォンを投資し、バッテリー診断士の育成など間接雇用を含めて200人の雇用を創出する。

済州テクノパークと済州大学が共同参加し、バッテリーリサイクルの検証のための分析装置や検査システムなどを構築し、ESSテスト評価に適切な環境を作る。リサイクルバッテリーの等級判定基準を国内標準に制定し、さらに国際標準化の提案も推進する。

「新再生可能エネルギーとESS基盤のEV充電インフラ実証事業」は新再生可能エネルギーで生産した電力をEVに充電し、余剰電力を販売するエコプラットフォームビジネスモデルを実証する。

同事業には40億ウォンが投じられ、済州市杏源里の新再生エネルギー広報館と周辺の敷地を活用し今月着工、来年3月に竣工される見通しだ。

 


原文記事
出所:ニューシース(2017.05.02)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。