本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州、「電気自動車向けの自動運転実現できるか」精密地図構築へ
作成日
2018.02.13
ヒット
175

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】キム・ホチョン記者=「電気自動車の天国」と呼ばれる済州道が、電気自動車向けの自動運転の島に生まれ変わるかに関心が集まっている。

済州道は済州国際自由都市開発センター(JDC)、(株)NEXEN TECHと連携して自動運転用の精密地図を構築し、国内外の自動運転車メーカーのテスト運行を推進すると9日明らかにした。

このための業務協約は12日午前10時20分、道庁で開かれる。

協約以降、済州道は自動運転用の精密地図構築事業が円滑に進められるよう、行政面で支援を行い、JDCは自動運転のテスト運営を支援する。 NEXEN TECHは、精密地図を構築し、国内外の自動運転車メーカーのテスト運行を誘致する計画だ。

済州道はこの事業を通じて道内の車の流れを効率的に制御することで、交通事故と交通渋滞のない道路を実現し、第4次産業革命と連携したインフラや生態系造成にも貢献すると期待している。

元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州道知事は「電気自動車の普及による関連産業を発掘し、優秀な企業誘致と道内企業の参加を拡大させ、新産業を先取りする政策施行が何より重要な時期だ」とし「自動運転用の精密地図構築事業が円滑に推進されるよう協力して済州全域で自動運転システムが実現されるようにする計画だ」と述べた。

khc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.02.09)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。