本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州で先進的な水管理政策シンポジウム開催
作成日
2018.03.13
ヒット
179

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】ビョン・ジチョル記者=持続可能な済州島の水管理政策の先進化を図るためのシンポジウムが3月16日、済州ウェルカムセンターで開かれる。

2018年第26回を迎えた世界水の日を記念して開かれる同シンポジウムは済州道上下水道本部と大韓上下水道学会が共同で主催する。

ベ・ジェホ大韓上下水道学会長、ク・ジャヨンソウル市立大学教授、ヒョン・インファン檀国(タングク)大学名誉教授、パク・ギュホン中央(チュンアン)大学教授、キム・ジングン済州大教授、チョ・ヒソン環境部水道政策課長など、韓国国内の上下水道および水資源関連学会の専門家と協会・機関・団体関係者など約300人が参加する。

人口・観光客の増加、気候変動、降雨パターンの変化による地下水の水位低下などあらゆる危機に直面している中で効率的な水管理のためのさまざまな制度改善案が共有される予定である。

シンポジウムでは、環境部の水道水政策の方向性および地方上水道の近代化、済州道上下水道の現状および改善策、済州道下水道管理の改善、済州道水資源管理政策の方向性など6つのテーマに関する発表と討論が行われる。

同道は、今回のシンポジウムを通じて上水道施設の改良、安定的な用水供給など上水道に対する中長期的な政策を模索する。

bjc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.03.08)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。