本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓国内最大の休養複合リゾート「済州神話ワールド」公式オープンへ
作成日
2018.03.23
ヒット
166

 


国内最大規模の複合リゾートである済州神話ワールド(神話歴史公園)が22日に公式オープンした。

ラムジョン済州開発と済州国際自由都市開発センター(JDC)は済州神話ワールドの公式オープンイベントを地域住民や関係者など500人が参加したなか、済州道西帰浦市の安徳面にあるLandingコンベンションセンターで開催した。

済州神話ワールドは、西帰浦市西光理の250万㎡の敷地に入居しており、2015年の設立から3年ぶりに公式オープンすることになった。

ラムジョン済州開発のヤン・ジヒェ会長は歓迎あいさつを通じて「今日行事は済州神話ワールドの発展において重要な節目の一つであり、済州で世界的なレジャー複合リゾートビジョンが成功的に行われたことの証拠となった」とし「地域自慢の観光名所に開発し、経済と観光産業の発展に貢献したい」と述べた。

また、JDCのイ・グァンヒ理事長は「2006年地域住民らのおかげで事業敷地を確保することができた」とし「2013年、香港ラムジョングループを誘致して工事を開始したが、見事にオープンするようになってうれしく思う」と述べた。

同施設にはコンドミニアム施設であるサマセット・済州神話ワールドをはじめ、5つ星ホテルであるMarriott Resort館とLandingリゾート館など3の宿泊施設が立ち並んでいる。

関係者は「地域社会の共存、地域住民の雇用センター設立など社会貢献5大分野に予算9700億ウォンを投入する計画を着実に進めている」とし「観光産業の未来成長エンジンをリードしたい」と述べた。

今回の投資をもとに、済州神話ワールドは2027年まで予想される生産誘発効果を約13兆8000億ウォン、付加価値誘発効果は約7兆2000億ウォンと推算している。

 


原文記事
出所:ニューシース(2018.03.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。