本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道 産業立地供給計画、2025年をめどに見直す
作成日
2018.04.03
ヒット
162

聨合ニュースによると、



【済州聯合ニュース】キム・ホチョン記者=済州地域の産業立地供給計画が2025年をめどに見直される。

済州道は地域産業の持続可能な発展に資する産業立地供給に向けて2015~2025年産業立地供給計画を見直すと30日発表した。

これに向けて、今年3月から11月まで外部機関を通じて研究を行う。

研究では道内産業団地の現状および環境の分析、産業立地政策の方向性など全体的な内容を検討する。

同道は2011年1月産業立地需給計画(2010~2020)を策定してまとめたが、昨年4月、都市基本計画(2025年)を告示し、2ヵ月後国土交通部で産業立地供給計画指針が改正され、上位計画に沿って見直すことにした。

道のキム・ゴンソン都市再生課長は「研究を通じて均衡発展に向けた産業政策、立地政策、基盤施設供給政策など産業立地供給計画を策定する」とし「道内産業立地の円滑な供給と地域産業の適正配置を通じて雇用創出と地域経済の活性化に貢献したい」と述べた。

khc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.04.01)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。