本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、スマートグリッド分野の課題に2億4600万ウォン支援
作成日
2018.05.11
ヒット
190

 


済州特別自治道と済州大学のスマートグリッド(Smart Grid)研究センターは強小企業の育成およびグローバル市場進出を支援するため、公募を通じて3つの課題を選定すると明らかにした。

総額2億4600万ウォンの支援金を課題ごとに最大8200万ウォン支援する。

選定された課題は▲太陽光発電と関連した高効率部品開発▲電気自動車電力消耗量予測システムの開発▲太陽光発電遠隔統合モニタリングシステムの開発である。

2011年からスタートした同事業は今まで27個の技術開発課題に対し、約31億ウォンの支援を行った。その結果、新規雇用148人、特許および認証46件、23の品目に対する製品開発が行われた。

 


原文記事
出所:ニューシース(2018.04.26)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。