本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
バイオベンチャー企業BotaMedi、中国から1千700億ウォンの投資誘致
作成日
2018.05.15
ヒット
233

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】キム・ホチョン記者=済州先端科学技術団地に入居しているBotaMediは10日、中国の北京小唱科技有限公司から1千700億ウォンの投資を誘致したと明らかにした。

この日両社は海洋性ポリフェノールのSeanolの中国での事業活性化に向けた生産、流通、マーケティングなどへの事業参加および投資に関する協定を締結した。

協定式では北京小唱科技有限公司会長をはじめ、会社関係者、香港投資専門SINOCAPグループ会長など14人が出席し、中国内でのSeanol事業に協力することで合意した。

両者は今回の業務協定を通じて、今後、包括的な業務遂行および積極的な業務協力を約束し、中国の起亞自動車工場がある江蘇省 塩城市に関連技術センターを設立する計画だ。

BotaMediは2001年から海洋性ポリフェノールのSeanolの食品、化粧品、医薬分野に対する基礎科学や応用技術研究、生産技術および製品の商品化に集中してきたバイオベンチャー企業である。Seanolは細胞の若返り効果がある成分である。

食品分野においては2008年 アメリカ食品医薬品局 (FDA)から食品新規成分(New Dietary Ingredient: NDI)として所定の安全性評価を受けており、昨年2月には欧州食品安全機関(EFSA)からも認証を獲得し、アメリカと欧州連合の28カ国の加盟国で販売許可を得た。

医薬分野においては2013年、米FDAから新薬候補物質(IND)承認を得ている。

khc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.05.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。