本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州島、「JEJU WELCOME CITY」都市開発事業の計画案策定
作成日
2018.07.18
ヒット
174

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】ビョン・ジチョル記者=済州国際空港周辺に広域複合乗り換えセンターと複合文化・居住・業務施設が入居する大規模な都市開発事業計画がまとまった。

済州道は11日「済州空港周辺地域開発構想および基本計画事業計画」を発表し、住民の意見を反映して2019年から事業を本格推進する。

道はみんなに歓迎される済州の玄関口「JEJU WELCOME CITY」をテーマに玄関口・複合・自主都市造成計画案を発表した。

公共交通に乗り換える広域複合乗り換えセンターと連携し、済州の玄関口の役割を担う都市および居住・商業・文化・公共が一体化した複合生活空間、知識を伴う産業誘致を通じて新成長拠点都市に育成する計画だ。

具体的には空港入口の西側には広域複合乗り換えセンター、空港周辺には商業・医療・宿泊、特化公園、交通支援施設などが設けられる。

道は都市開発事業にスマートシティ、低炭素グリーン生態都市、CPTED(環境デザインによる防犯)、みんなが安心して利用できるようユニバーサルデザイン(Universal Design、UD)を導入する。

さらに、低影響開発(LID:リッド) 、高速道路交通システム(ITS)など先端技術を都市開発に取り入れる計画だ。

道は住民から意見を聴取し、開発計画案に基づいて2019年から都市開発区域の指定および開発計画策定など事業の本格化に乗り出す。

bjc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.07.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。