本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
JDC、社会的経済ソーシャルベンチャー企業を支援する「ナングヌル」設立
作成日
2018.12.06
ヒット
131

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】ビョン・ジチョル記者=済州先端科学技術団地にソーシャルベンチャー・スタートアップを支援するハブが設立される。

済州国際自由都市開発センター(JDC)は先端科学技術団地に済州社会的経済ソーシャルベンチャー支援スペースである「ナングヌル」を構築し、来年3月オープンすると29日、明らかにした。

ソーシャルベンチャー企業は創意性と技術に基づいた事業を展開し、経営利益はもとより社会問題解消にも貢献する企業のことを言う。

「ナングヌル」の「ナン」は木を意味する済州島の方言で、JDCが済州道のソーシャルベンチャー企業にとって木の陰のような存在になりたいという願いを込めた言葉である。

JDCはソーシャルベンチャー企業への安定した支援と社会的経済フラットフォームを提供することで、済州の社会問題の解決や雇用創出といった社会的価値の実現を目指す。

また、同事業で発掘したソーシャルベンチャー企業が地域社会と共存する済州のパートナーとして、地域社会の革新をリードできるように育成する計画だ。

JDCのイム・チュンボン理事長職務代行は「JDCは今回の事業を通じて済州道の社会的経済ソーシャルベンチャー企業に合わせた支援システムを構築し、政府の雇用政策5ヵ年ロードマップの実行においてけん引役を果たす」と述べた。

bjc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.11.29)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。