本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、今年都市建設事業に1千468億ウォン投入
作成日
2019.01.15
ヒット
114

聨合ニュースによると、


【済州=聯合ニュース】コ・ソンシク記者=済州道は建設景気を活性化し、庶民の注居安定のため都市再生事業と宅地供給など都市建設分野に総1千468億ウォンの予算を投入する計画を7日、明らかにした。

同道によると、都市再生事業に209億ウォンを投入する。

都市再生事業は、済州市「新山マル町の活性化」83億ウォン、「南星町注居支援型」142億ウォン、「月坪洞注居支援型」135億ウォン、「大靜邑一般近隣型」142億ウォンである。

また、小規模都市再生事業に5億ウォン、注居環境整備事業20億ウォン、周辺活性化や呼び水事業の49億ウォンなどである。

同道は庶民安定のための事業に総554億ウォンを投入する。

同道は済州国際自由都市開発センター(JDC)、済州道開発公社とともに済州市先端科学技術団地や翰林地区など8ヵ所に公共賃貸住宅1千631世代を供給する。また、公共賃貸住宅事業に予算79億ウォンを支援する。

また、低所得支援事業に260億ウォン、賃借保証金115億ウォン、済州特化型注居福祉センターの運営に7億ウォンを投入する。

以外にも同道は道の拡張・舗装と開設にも705億ウォンを投入する計画だ。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.01.07)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。