本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道へLNG複合火力発電所建設 2020年竣工
作成日
2019.03.13
ヒット
164

聨合ニュースによると、


【済州=聯合ニュース】キム・サンヒョン記者=「清浄の島」済州道へLNG複合火力発電所が建設される。

韓国南部発電によると、済州西帰浦市安德面の南済州発電本部でLNG複合発電施設の南済州複合火力発電所の着工式を行ったことを明らかにした。

南済州複合火力は3千800億ウォンを投入し、南済州発電本部の内燃発電所廃止敷地である3万1千平方メートルに建設する。

設備要領は150MW規模で、2020年6月に竣工予定だ。

南済州複合火力は2020年夏に予想される済州道の電力需給に対応するため建設される。

シン・ジョンシク南部発電社長「南済州LNG複合火力発電所が竣工すると済州地域の電力予備率確保はもちろん、風力などの新再生エネルギー発電施設の不安全性を補完する役割を果たす」と述べた。

南部発電は南済州複合火力発電所周辺のオルレ道と連携した道、フォトゾーンなどを造成して地域発展に寄与する計画だ。

joseph@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.03.05)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。