本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
JDC、神話歴史公園内の電気自動車運行の事前妥当性研究
作成日
2019.03.29
ヒット
141

聨合ニュースによると、


【済州=聯合ニュース】コ・ソンシク記者=済州国際自由都市開発センター(JDC)によると、韓国科学技術院(KAIST・カイスト)のエコカー研究センターと共同で来月2日から神話歴史公園で電気自動車などのエコ新交通手段の導入のため、事前に妥当性研究を進行することを28日に明らかにした。

JDCなどは今回の研究で、電気自動車が神話歴史公園の敷地で運行と電気充電を円滑に行える方法などについて、事前に妥当性調査を進行し、基本構想案と事業性、収益性について分析する計画だ。

また、今回の研究で電気自動車の経済的妥当性や効用性、制度的に後押しする案について議論する予定だ。

西帰浦市安徳面にある神話歴史公園の敷地面積は約250万平方メートル。

敷地内にテーマパーク、コンベンションセンター、カジノ、宿泊施設などを備えた済州神話ワールドが造成されている。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.03.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。