本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓国・済州島への日本人客誘致に総力 オンライン旅行会社を活用
作成日
2019.05.09
ヒット
126

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】韓国南部の済州島を行政区域に持つ済州道と済州観光公社は8日、インターネット上だけで取引を行う日本の大手オンライン旅行会社(OTA)を活用し、日本からの個人旅行客の呼び込みに力を入れる方針を明らかにした。

個人旅行者が訪韓日本人客の9割を占め、OTAを使った予約が増えている現状を踏まえ、日本の大手OTAサイトに済州島のPRページを設け、OTA登録会員の旅行先検索ワードを分析して効果的なマーケティングを行う計画だ。

具体的には、日本から1~3時間で行ける旅行地を検索する人、済州島とよく比較される旅行地の沖縄や台湾を検索する人、韓国を検索したことのある人を中心に済州島のバナー広告を表示させ、済州島への呼び込みを図る。

また、写真を撮って交流サイト(SNS)に投稿するのが好きな女性客が好みそうな済州島のフォトスポットを紹介し、主に若者向けに島内のグルメやカフェ、ビーチ、秘境などをPRする。

1~3月に済州島を訪れた日本人旅行客は1万5483人で、前年同期(1万1585人)に比べ33.6%増加した。

tnak51@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.05.08)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。