本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「テックプラス済州2019」18日にソルムンデ女性文化センターで開催
作成日
2019.07.05
ヒット
129

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】パク・ジホ記者=済州を代表する知識融合コンサート「テックプラス(Tech+)済州」が第4次産業革命自体の新しいテーマとして「センシング(Sensing)」技術を取り上げた。

済州道によると、18日に済州市連洞のソルムンデ女性文化センターで「センシングアイルランド(Sensing Island)、共存の未来」をテーマに「テックプラス済州2019」を開催したことを3日に明らかにした。

センサー技術は産業現場を越えて視覚、嗅覚、触覚、味覚などの人間の五感を融合・認知する水準まで進化している。

最近の先端センサー技術は大気質、騒音、駐車、交通はもちろん、人間のさまざまな活動に達するすべてのデータを収集する水準まで発展した。

今回のイベントではセンサーネットワーク、第5世代移動通信システム(5G)、ビッグデータ、人工知能(AI)をはじめ、第4次産業革命時代の最新トレンドを紹介する。

ウォン・ヒリョン済州知事は「テックプラス済州2019」の特別講演者として「済州未来に跳躍」をテーマにスマートアイランドアイランド済州の未来と推進戦略を提示する予定だ。

「テックプラス済州2019」は済州道が主催し、済州テクノパークと済州の音が主管して産業通商資源部と勧告産業技術振興院が提供する。

jihopark@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.07.03)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。