本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、社会的経済3千人の雇用創出へ 690億ウォン投資
作成日
2019.09.05
ヒット
191

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシック記者=済州道が2022年までに国費と道日、民間投資金などの690億ウォンを投資して社会的経済分野で3千人の雇用創出に取り組む。

済州道によると、2022年まで「済州社会的経済ニューディール3000ロードマップ」を推進し、公益事業と看護サービスなど、社会的経済分野の3000雇用を創出することを2日に明らかにした。

ロードマップによると、まず社会的企業へ財政支援を通じて企業を育成、雇用を拡大して専門人材を養成する。

また、社会的経済支援センター、社会的経済企業の総合アカデミーなど、社会的経済関連の連携組織を育成することにした。

以外にも社会的企業の製品販路拡大、マーケティング支援事業と社会的経済企業の発掘事業などを推進する。

同道は今年社会的企業で385人の雇用を目標で、2020年675人、2021年805人、2022年887人の雇用を創出する計画だ。

道は国費237億ウォンと道費110億ウォンなど、計347億ウォンを「社会的経済ニューディール雇用3000」事業に投資し、民間投資343億ウォンも誘致する予定だ。

「社会的企業育成法」によると、社会的企業は脆弱階層に社会サービスまたは雇用を提供し地域住民の生活の質を高めるなど、社会的目的を追求しながら、財及びサービスの生産・販売などの営業活動を行う企業を指す。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.09.02)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。