本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道「社会的農業」推進 来年農場4ヵ所公募へ
作成日
2019.09.16
ヒット
158

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシック記者=済州で社会的農業の活性化案が推進される。

社会的農業とは、農業活動を通じて障害者・高齢者など、ケアが必要な地域住民にケア・教育・雇用などを提供することを指す。

済州道は社会的農業モデルの構築に向けて専担チームを作り、「ケア型」と「ケア+雇用型」など2つのタイプの社会的農場を指定し推進することにした。

同道は来年社会的農場4ヵ所を公募して指定し、2023年まで社会的農場を11ヵ所に拡大する計画だ。

ケア型は、高齢者や障害者を対象として治療のためのケア目的の農業活動を行うタイプだ。

ケア+雇用は、ケアとともに雇用創出の機会まで提供するタイプだ。

同道は社会的農業活性化で、農場主や障碍者施設でケア型やケア+雇用型のうちで1つのタイプで社会的農場を経営し、高齢者や障害者へケアと治療、雇用まで受けるように支援する予定だ。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.09.16)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。