本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道開発公社、「国連グローバルコンパクト」加入 社会的責任経営
作成日
2019.09.19
ヒット
176

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシック記者=済州道開発公社が「国連グローバルコンパクト(UNGC=United Nations Global Compact)」に加入した。

国連グローバルコンパクトとは、世界の企業が環境の持続可能性と社会的責任のための企業運営政策を採択するよう奨励する国連傘下の自律機構だ。

道開発公社は今回の国連グローバルコンパクト加入により、人権と労働基準・環境、反腐敗など、4大分野10大原則を遵守して企業の社会的責任に向けて中長期戦略と企業活動を推進することにした。

また、毎年国連グローバルコンパクトに履行実績を提出することにした。

道開発公社は、外部の関係者が参加する人権経営委員会を発足して運営しており、人権に関する国際規範を支持・遵守するという人権経営憲章を発表した。

また、道開発公社の労働組合とともに倫理憲章を発表し、環境保全のためにプラスチック削減などの事業を展開している。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.09.18)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。