本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州創造経済革新センター、ブロックチェーン・ビッグデータのスタートアップ募集
作成日
2019.09.24
ヒット
165

 


済州創造経済革新センターが優秀なスタートアップを発掘して育成するためにブロックチェインとビックデータ分野に特化したスタートアップを募集中と20日に明らかにした。

ブロックチェーン技術を保有している企業やこれを活用する融合サービスを構想している企業はブロックチェーン分野へ、ビックデータを活用して社会問題を解決しようとする企業はビックデータ分野へ申請。

選ばれた企業は、「シードマネー投資事業」による投資を受け、関連産業動向や政策に関するイシューを共有する場にも参加できる。

応募資格は今年済州に新しく造成された「革新創業拠点W360」に入居する予備創業者あるいは創業7年以内の企業で、3ヵ月以内に済州に本社や支社を移転することができなければならない。

入居期間は11月から2020年10月まで12ヵ月で、W360の入居室と協業空間、会議室などの共用空間を利用することができる。

申請は済州イノベーションハブで申込書を作成し、25日午後6時までオンラインで提出。

チョン・ジョンファンセンター長は「ブロックチェーン技術やビックデータ関連事業に専門性を持っている企業が挑戦してほしい」とし「新しい革新創業拠点でスタートアップが成長できる機会になる思う」と述べた。

一方、W360は済州革新センターと済州道都市再生支援センターが共同で済州地方気象庁の旧庁舎を改造し造成した地域基盤の革新起業育成空間だ。

 


原文記事
出所:ニューシース(2019.09.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。