本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、冬野菜生産・流通など15の改善事業に2千20億ウォン投資
作成日
2019.10.16
ヒット
314

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシック記者=済州産越冬大根とキャベツ、ニンジンなど冬野菜の生産調節と流通体系改善のための事業が推進される。

済州道によると、冬野菜の価格安定のために2023年まで2千20億ウォンを投入し、制度・生産・流通の3分野で15事業を推進することを15日明らかにした。

道は、済州型農産物の価格安定管理制などの制度改善分野へ982億ウォンを投入する。

また、生産改善分野の畑作物品目別組織化育成などの事業に815億ウォンを策定し、流通改善分野に223億ウォンを投入して越冬大根の洗浄場申告制などを推進することにした。

具体的な制度改善事業として、済州型農産物価格安定管理制、冬野菜栽培現況の統計システム、野菜類の転換栽培支援及び支援単価現実化、冬野菜の事前面積調節制、冬野菜流通調節命令制、冬野菜農家別の支援範囲ガイドライン設定などの事業を推進する。

生産改善事業として、畑作物の品目別組織化重点育成、畑作物の主産地指定及び育成方策、多品目少量生産基盤の構築、冬野菜生産費の削減などを進めることにした。

また、4時産業革命時代の農業人・消費者協業システムの構築、農産物流通革新に向けて済州農協の役割強化、越冬大根の洗浄場申告制及び出荷申告制の導入、冬野菜流通構造及び物流体系改善などの流通改善事業を推進ことにした。

道は4月から農業関係機関及び団体、農家が参加する推進チームを結成し懸案課題を選定した。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.10.15)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。