本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
世界29都市から157人が訪問、済州国際青少年フォーラム
作成日
2019.10.29
ヒット
136

 


世界29都市を代表する青少年157人が済州に集まり、学校暴力と貧困、平和について討論する。

済州特別自治道は各国の青少年が参加する「第10回済州国際青少年フォーラム」を31日から11月4日まで、セマウル金庫済州研修院で開催する。

済州道と済州道教育庁が共同主催し、国連訓練調査研究所(UNITAR)の済州国際研修センターと道教育庁が主管する。

今年、済州国際青少年フォーラムのテーマは「挑戦に対応するグローバル責任―平和構築と維持において世界の若いリーダーの役割」だ。

世界29都市の青少年157人がテーマで討論を行う予定だ。

参加者らは8チームを構成し▲校内暴力▲貧困減少と平和構築▲理念的過激派とテロリズム▲ジェンダー及び非暴力運動をテーマに討論する。

主催側は今回のイベントを通じて多様性の理解、友情と信頼の構築など成熟した世界市民として成長する機会になることを期待している。

済州道の関係者は「今後、より多様な参加プログラムの開発を通じて、「平和の島」である済州が次世代グローバルリーダーらが夢に一歩近づくよう国際交流のネットワーク拠点になるように積極的に支援する方針だ」と説明した。

 


原文記事
出所:ニューシース(2019.10.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。