本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州開発公社の部品45%を国産化、公企業の革新事例に選定
作成日
2019.11.20
ヒット
126

 


済州特別自治道開発公社によると、韓国の商人との共生・発展を通じて工場加工部品の45%を国産化する成果を生み出し、地方公企業の共生・革新事例に選ばれたことを13日に明らかにした。

済州開発公社が「三多水」工場の部品を国産化して韓国の承認との協力経営を展開し、配送ドライバー直接契約を通じて共生発展を図ったことが行政安全部から好評を受けた。

公社は済州三多水工場で使われる海外部品の製作コスト上昇や2ヶ月に達する納期所要日などの問題を解決するために2016年から三多水工場の加工部品国産化事業を進めてきた。

そのため、公社は協力活動の成果を共有する成果共有制方式を導入し、外国製部品の45%を国産化した。

文来洞商人は年間5億ウォンの固定売上を確保し、安定的に事業を運営できる基盤を構築した。

 


原文記事
出所:ニューシース(2019.11.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。