本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
楸子島にレジャー船舶10隻以上が接岸できる「駅マリーナ」造成推進
作成日
2020.03.05
ヒット
111

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシク記者=済州道・楸子島新陽港に海洋レジョ観光客に向けて「駅マリーナ」施設が造成される。

済州道によると、来年に完成を目指して10隻以上のレジャー船舶が接岸できる規模の駅マリーナ施設を造成することを28日明らかにした。

道は10月までに信陽港駅マリーナ施設造成事業に対する実施設計を行い、駅マリーナ施設の規模と事業費を確定する計画だ。

駅マリーナ施設は、漁業活動空間と区分され、海洋レジャー活動を安全かつ便利に利用できる施設だ。

駅マリーナ施設は海上の「無人駅」とも呼ばれる。

非常時にはレジャー船舶が駅マリーナ施設に避難することができ、休憩を取ることもできる。

2019年源氏、韓国のレジャー船舶は2万3千639隻が登録されている。

操縦免許取得者の数は約24万5千人だ。

済州には為美港にも駅マリーナ施設がある。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.3.1)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。