本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、昨年の予算執行率90.05% 過去3年で最高
作成日
2020.04.20
ヒット
104

 


済州特別自治道によると、2019年会計年度の歳入歳出及び財務決算を行った結果、執行率がここ3年のうち最も高い90.05%で、前年の86.96%より3.09%p増加したことを8日に明らかにした。

また、繰越額と執行残額が減少するなど、積極的な財政執行を行ってきたことが評価された。

道の資料によると、歳入は6兆2890億ウォンで前年比2241億ウォン(3.7%)、予算比366億ウォン(0.6%)が増加した。

これは不動産の公示価格の上昇による財産税204億ウォン増加、地方消費税按分率の上昇による地方消費税794億ウォン増加、保全の輸入など、内部取引の減少によるものだ。

歳出は5兆6304億ウォンで、前年歳出決算5兆2366億ウォンより7.5%増加し、決算規模の増加と積極的な財政執行管理によるものと分析される。

道は執行に対する事業部署別責任制を強化し、積極的な財政運用を通じて、道民が体感できる成果を出すために繰越額と執行残額最小化対策を策定し、財政健全化を強化する政策を施行してきた。

ヒョン・ハクス済州道特別自治行政局長は「これまで繰越事業の最小化と執行残額最小化するために、全部署で執行管理を強化してきた」とし「今回の決算での指摘事項は、財政執行に反映されるように、持続的に努力していきたい」と述べた。

 


原文記事
出所:ニューシース(2020.4.8)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。