本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州産みかん「aTサイバー取引所」でオンライン直取引
作成日
2020.04.24
ヒット
107

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシク記者=済州道が新型コロナウィルス感染の影響で販売不振状態にある済州産みかんをオンラインで直取引することにした。

済州道によると、韓国農水産食品流通公社(aT)の農水産物サイバー取引所を通じ、毎週水曜日に済州産農産物をオンライン競売することを17日に明らかにした。

競売(供給)の手続きは商品の確認と品質検証を経て、aTで競売物品情報を掲示すると、オンライン競売場が開かれる。

競売を通じて落札されたら、代金が決済され、みかんが配送される予定。

オンライン競売は、サイバー取引所の会員企業を対象に、最高価落札方式で行われ、到着地下車費用は購入者が負担する。

今月1日と8日のオンライン競売では、漢拏峰などタンゴール類1千370ボックス(4千684キロ)が約3千万ウォンで販売された。

オンライン競売は、みかん生産者を代行して農協中央会済州本部傘下の済州農協組合共同事業法人と道外食材企業5社が参加して進行される。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.4.17)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。