本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州、化粧品規制自由特区指定を再推進 パーソナライズサービスを融合
作成日
2020.05.22
ヒット
94

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシク記者=済州道が済州特産物と新技術を活用した「化粧品規制自由特区」指定を再び推進する。

済州道によると、「済州最適型化粧品規制自由特区指定申請による計画」の公告を発表し、来月5日までに受けることw8日に明らかにした。

道は、個人の遺伝子基盤を分析しパーソナライズ化粧品提供サービスを実現する内容を特区計画案に盛り込んだ。

また、道は済州先端科学技術団地、済州ベンチャーマル、バイオ融合センター、済州革新都市、溶岩海水団地一帯など5ヵ所に245万341平方メートルを「済州最適型化粧品規制自由特区」の指定を申請した。

昨年、済州特産物を活用して高機能性原料と素材開発、美白・シワ改善などの機能性を強化した化粧品を開発し、新技術を融合して、未来成長エンジンにするという内容で規制自由特区を申請した。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.5.8)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。