本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、2021~2030年環境保全基本計画を策定
作成日
2020.06.25
ヒット
353

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】ビョン・ジチョル記者=済州道によると、済州の環境政策を総合的かつ体系的に推進するための環境保全基本計画(2021-2030)を策定することを9日に明らかにした。

環境保全基本計画は、「環境政策基本法」第18条と「済州特別自治道環境基本条例」第12条によって、10年ごとに策定する法定計画だ。

済州の環境を体系的に保全・管理して道民が快適な環境の中で健康な生活を送るように第5次国家環境総合計画、国際自由都市総合計画、済州未来ビジョンなどと連携して策定される。

道は今回に自然生態、廃棄物、大気環境、水質管理など分野別の目標を設定し戦略と細部推進課題を策定することに集中する予定だ。

主な内容は ▲従来の環境保全中期基本計画の推進成果分析 ▲地域環境特性分析および対内外的な環境条件の変化と未来展望の提示 ▲環境政策方向、ビジョンおよび目標設定、推進戦略設定 ▲環境保全目標達成に向けた分野別実現可能な事業計画の策定 ▲事業施行による財政投資計画などだ。

済州道は、今年6月から12月まで7ヵ月間、済州研究院で遂行する計画だ。

bjc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.6.9)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。