本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
電気自動車の充電・超小型電気特殊車の運行 済州・全北で実証事業開始
作成日
2020.09.07
ヒット
139

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】パク・サンドン記者=中小ベンチャー企業部によると、済州特別自治道と全北道とともにグリーンニューディール移動手段(モビリティ)システム構築のための実証に取り組むことを27日に明らかにした。

済州電気自動車充電サービス特区では、この日から個人所有の電気自動車充電設備を使用しない遊休時間帯に他人と共有して収益を得られる「済州型電気自動車充電エアビーアンドビー(Airbnb)」実証作業が行われる。

全北道のエコカー特区では、28日から超小型電気特殊自動車の運行に対する実証作業が始まる。

超小型電気消防車と電気ゴミ収集車の製作・運行の安全基準を設定し、環境にやさしい特殊自動車産業育成の基盤を造成する作業だ。

超小型特殊自動車は、無断駐車などで大型消防車やゴミ収集車が進入しにくい狭い路地でも通行が可能だ。

中小企業部のキム・ヒチョン規制自由特区企画団長は、「済州と全北道の実証は、低炭素・エコ移動手段システムを構築するためのもので、政府のグリーンニューディール政策に合致する」とし、「2つの特区の実証事業が順調に進み早期に成果を創出できるよう積極的に支援する計画」と述べた。

kaka@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.8.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。