本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、5G遠隔医療相談事業 70億ウォン投資
作成日
2020.10.27
ヒット
86

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシク記者=第5世代移動通信(5G)技術を活用した遠隔医療サービスが済州で推進される。

済州道によると、社会的弱者を対象に非対面統合ケアとデジタルヘルスケア事業を推進することを18日発表した。

同道は、道内の敬老堂に健康測定器を利用して高齢者が遠隔で健康管理を受けられるように事業を展開する計画だ。

慢性的な疾患者が管轄下の保健所と連結して健康状態を点検して専門的なサービスを受けるようにする予定だ。

また、道は、馬羅島と牛島の住民が高画質ビデオ通話で医療専門家から医療サービスを受ける事業も推進する。

KTと中外情報技術などと共同で、今年末までに総事業費70億ウォンを投じ、これらの事業を推進することにした。

この事業は、科学技術情報通信部と韓国情報化振興院の公募で済州道が提出した「MEC(Mobile Edge Computing)」ベースの5G公共部門の先導適用案が選択されて推進される。

koss@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.10.18)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。