本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、IoT分野の技術2件特許取得
作成日
2020.12.01
ヒット
228

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】ビョン・ジチョル記者=済州道によると、全国で初めて開発したモノのインターネット(IoT)分野の技術3件の特許登録を申請、2件に対する特許登録を完了したことを24日明らかにした。

残りの1件は来年上半期に登録される予定だ。

今回に特許登録されたIoT技術は、「移動型IoT統合基盤安全運行助成システムおよびその他処理方法」(特許番号第10-2150034号)と「データ基盤の事故感知および緊急対応サービスシステムとその処理方法」(特許番号第10-2149175号)だ。

「移動型IoT統合基盤安全運行支援システムおよびその他処理方法」は、車両運行中に発生する状況とイベントを運転者に事前に案内し、安全運行統合サービスを支援する技術。

「データ基盤の事故感知および緊急対応サービスシステムとその処理方法」の特許は、車両に設置された各種の安全センサーに対する情報を分析・予測して緊急対応サービスを提供する技術。

現在、移動体バスの経路を秒単位で収集して情報を提供する「高精度バス位置情報リアルタイム提供の公共交通システムおよびその処理方法」は特許出願中であり、来年上半期に登録される予定だ。

今回適用された特許技術は、IoTベースの多様な装備のデータを融合して超連結、超知能化されたプラットフォームを提供して「データ基盤行政革新」を達成するために必要な核心技術だ。

bjc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.11.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。