本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
SOCAR、今年上半期から済州で自動運転シャトルサービス開始
作成日
2021.01.15
ヒット
87

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】イ・テス記者=ソカー(SOCAR)は、自動運転ソリューション企業のライドフラクスと提携し、今年上半期から済州道で自動運転シャトルサービスを開始することを5日に明らかにした。

両社は、済州空港から中文団地まで38㎞の区間で有償でミニバン自動運転サービスを開始する計画だ。

同区間は昨年11月に国土交通部で選定した自動運転車のテストドライブ地区6ヵ所のうち、距離が最も長い。

この自動運転車には、スーツケース2個を乗せて最大5人が搭乗できる。

ソカーとライドフラクスは、今後自動運転サービス地域を済州全域の主要道路と世宗市都心など他の地域に拡大する方針だ。

tsl@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2021.1.5)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。