本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
第4次産業教育「済州ソフトウェア未来チャウムセンター」がオープン
作成日
2021.04.27
ヒット
67

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシク記者=済州第4次産業先導技術とソフトウェア教育専門家育成のための「済州ソフトウェア未来チャウムセンター」(SW未来チャウムセンター)が16日に開所した。

済州道は同日午後、済州市我羅洞でSW未来チャウムセンターの開所式を行った。

SW未来チャウムセンターは地上1階(延べ面積342.39㎡)にはソフトウェア教育専門家を育成し、小・中学生を対象にソフトウェア教室、オンラインスタジオ、オープンミーティングルームなどが設置された。

また2階(延べ面積315.79㎡)には第4次産業の先導技術を体験できる人工知能(AI)ゾーン、自動運転やロボットゾーン、ドローンゾーン、VR・XRゾーン、メーカーゾーン(3Dプリンター)の5つの体験館で構成されている。

SW未来チャウムセンターは、デジタル格差の解消に向け、教育プログラム参加者の半分以上を低所得層の学生を対象に行う計画だ。

SW未来チャウムセンターは、昨年科学技術情報通信部の「ソフトウェア未来チャウム公募」に選定・設立された。

koss@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.4.16)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。