本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道・蔚山市、文化芸術分野で協力
作成日
2021.06.11
ヒット
20

 


済州特別自治道によると、今年から2025年までに「畜産物衛生・輸出強化5ヵ年推進計画」を策定・推進すると20日に明らかにした。

この計画は ▲基本がしっかりした済州産食品の安全基盤構築 ▲専門性とコミュニケーションを強化した済州畜産物衛生管理 ▲適合型済州畜産物輸出活性化の向上で計画されている。

済州道は今年から2025年までに19件の事業に計97億6800万ウォンを投資する計画だ。

道はこの予算をもとに畜産物HACCP支援、畜産物SMART HACCPの支援、畜産物履歴制、輸出現地販促およびオンライン支援、輸出作業場改善などを中核事業として推進する。

また済州産畜産物の輸出能力を強化するため、既存の畜産物衛生チームに輸出人材を補強して畜産物衛生輸出チームに変更し、官民学が参加する輸出協議体を構成・運営して現場中心の政策を推進する方針だ。

ホン・チュンヒョ済州道農畜産食品局長は、「畜産物衛生・輸出強化5カ年推進計画は畜産物の衛生・輸出分野で初めて中長期ビジョンと政策方向を提示したという点で非常に意味深い」と評価した。

原文記事
出所:ニューシース(2021.5.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。