本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州再生可能エネルギーの余剰電力をEVに活用
作成日
2021.06.30
ヒット
39

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】コ・ソンシク記者=済州道で生産された再生可能エネルギーのうち、余剰電力を電気自動車のバッテリーで供給し、自動車の運行に活用できる電力取引事業が展開される。

済州テクノパークによると、韓国電力取引所と共に済州再生可能エネルギーの出力制限による余剰電力を電気自動車産業で活用できるよう、電気自動車用バッテリーを活用した多様な事業モデルを発掘することにしたと6月25日に発表した。

済州テクノパークは、エネルギー融合産業や電気自動車の前方・後方事業を発掘し、韓国電力取引所はグリーンニューディール事業のための済州地域の需要資源取引や電力政策制度の改善に取り組む計画だ。

済州テクノパークのテ・ソンギル院長は、「再生可能エネルギーの余剰電力と電気自動車用バッテリーを基盤とする済州地域のエネルギー関連企業のグローバル競争力強化と新たな事業モデルの発掘に集中する予定」と説明した。

koss@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.6.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。