本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州市、「公営駐車場スマート管制」事業が地域近郊ニューディール事業に選定
作成日
2021.07.23
ヒット
19

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】パク・ジホ記者=済州市によると、済州型デジタルニューディールの「公営駐車場スマート統合駐車管制システム構築事業」が国家均衡発展委員会が主管した2021年地域均衡ニューディール追加事業に選ばれたことを15日に発表した。

済州市が今回の推進する「公営駐車場スマート-統合駐車管制システム」構築事業は、分散運営中の駐車管制システムを一つに統合する事業だ。

市は来年から2023年まで25億ウォンを投じてシステムを構築し、リアルタイムで駐車場情報を管理すると同時に、ポータルサイトやアプリケーションを連携させ、オンラインで駐車情報を提供する計画だ。

統合駐車管制システムが提供されると、駐車場の利用率とアクセスを向上させ、市内の駐車問題と交通混雑が解決されると市は期待している。

また今回の選定をもとに、2022年の国費確保のための省庁協議を強化していく計画だ。

済州市が推進している済州型デジタルニューディール分野で済州駐車安心番号、済州市苦情案内AIチャットボット構築事業が今年の国家均衡発展委員会の公募事業に選定された。

jihopark@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.7.15)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。