本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
第3次済州国際自由都市総合計画案が付帯意見付きで可決
作成日
2021.08.23
ヒット
54

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】ビョン・ジチョル記者=済州道と済州観光公社によると、観光分野で済州型デジタルニューディール事業を本格的に推進すると4日に明らかにした。

これは済州道と観光公社が提案した「ビッグテーターセンター構築及び公共データニューディール事業」が政府デジタルニューディール事業に選定されたことによるものだ。

事業を主管する観光公社は、韓国ツアーパス、Flordaと共に文化ビッグデータプラットフォームである「済州観光ビッグデータセンター」を構築する。

今回の事業を通じて3年にわたって済州に分散している公共・民間のデータを取得・分析し、開放・流通・取引できるようになる。

また、済州徒歩旅行探訪客のデータ構築事業も12月まで行われる。

事業主管機関である観光公社は、人材運営やデータ管理にかかる予算や青年インターンの人件費全額を国費で支援を受ける。

ビッグデータを補完・高度化するため、実測されたデータは公共データポータルに公開される。

キム・スンベ済州島観光局長は、「今回の事業を通じて急変する観光環境に対応できる戦略発掘はもちろん、誰もが活用可能な良質のデータを確保できるものと期待している」と述べた。

bjc@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.8.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。