本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
2021済州国際カジノ政策フォーラム 11月に済州で開催
作成日
2021.10.13
ヒット
46

聨合ニュースによると、


【済州聯合ニュース】ビョン・ジチョル記者=国内外のカジノ業界が参加する国際カジノ政策フォーラムが済州で開かれる。

済州道によると、11月11、12日の両日、済州市老衡洞ドリームタワー複合リゾートで「2021済州国際カジノ政策フォーラム」を開催すると5日、明らかにした。

済州道が主催し、済州道カジノ業監督委員会(チェ・スンス委員長)と済州国際コンベンションセンターが共同主催する今回のフォーラムは、ポストコロナにおけるカジノ産業の生存戦略と地域社会との共生策を模索するために開かれた。

フォーラムのテーマは、「ポストコロナ時代のカジノ産業の発展方向」。

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、海外の討論者はオンライン会議を通じてセッション別討論に参加する。

フォーラムには韓国をはじめ、米国(ネバダ州)、中国(マカオ・香港)、シンガポール、ニュージーランドなど5カ国が参加し、テーマ別討論には国内外の要人20人以上が参加する。

またカジノ分野のフォーラムのうち、国内唯一に国内外の関係者が参加する。

フォーラムには、米ネバダ州立大学のボ・バナード(Bo Bernard)研究委員、シンガポールカジノ規制庁のアルバート・ヨ(Albert Yeo)法律顧問、ニュージーランドゲーミング監督委員会のブレア・ケーンクロス (Blair Cairncross)委員など、国別の学界や監督官庁関係者など、該当分野の最高専門家らが参加する。

基調演説は、香港理工大学のチョン・ゲソン(Kaye Chon)ホテル観光学部長が「ポストコロナ時代におけるカジノ産業の変化」をテーマで発表する予定だ。

カジノ国際フォーラムは、2015年に済州道カジノ政策課が新設されて以来、2016年11月の初イベントを皮切りに毎年開催されている。

特にカジノ分野の管理・監督と制度改善基盤が脆弱だった韓国のカジノ産業を世界的レベルに引き上げる役割をしてきた。

2017年にはシンガポールのカジノ規制庁と業務協約を締結する成果を上げた。

今年のイベントは、YouTubeチャンネル(開設予定)を通じてライブ配信される。

済州道観光のキム・スンベ局長は、「今回のフォーラムがカジノと済州の観光業界が早期に回復し、カジノ産業の健全な育成のための討論の場になることを期待している」と述べた。

bjc@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.10.5)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。