本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道開発公社、環境に配慮したパッケージング開発を推進
作成日
2022.01.18
ヒット
46

 


済州特別自治道開発公社によると、韓国生産技術研究院と「エコパッケージング共同研究開発のための業務協約を13日締結したことを14日発表した。

今回の協約は、パッケージング産業のカーボンニュートラルおよび環境・社会・ガバナンス(ESG)経営のためのグリーン舗装技術基盤として、済州資源の持続可能な発展に向けた環境に配慮したパッケージング ▲技術開発 ▲事業協力 ▲技術交流の活性化のために行われた。

両機関は ▲環境に配慮した新素材、新技術、新デザイン(New Design)を活用したプラスチック削減及び革新製品開発 ▲環境に配慮したパッケージング技術、情報、トレンド及びネットワークの共有 ▲環境に配慮したパッケージング技術及び流通物流分野の共同研究開発テーマの発掘や遂行 ▲試作品分析・評価などのインフラ活用や相互の発展に向けて協力することを合意した。

済州開発公社のキム・チョンハク社長は、「韓国生産技術研究院との協力が公社の環境に配慮したパッケージング研究開発の力量を強化し、共同研究を通じて革新的な成果を創出できるチャンスになることを期待している」と述べた。

原文記事
出所:ニューシース(2022.1.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。