本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州、香粧品産業団地造成、新成長動力へ
作成日
2011.02.28
ヒット
329
제목 없음

聯合ニュースによると、

済州に香粧品産業団地(コスメディックバレー)を造成し、新成長動力産業として育成すべきだという研究結果が出された。

済州テクノパークは、知識経済部の政策研究課題に選定された「環境配慮型化粧品素材の産業化促進と国際都市造成法案の研究」に基づき、そのように提示した。

研究陣は、「済州の産業構造は1次と3次産業に偏っており、製造業部門が非常に脆弱であることから、産業構造を見直す必要がある」とし、「済州型香粧品産業団地を造成し、新成長動力産業として育成すべきだ」と明らかにした。

また、済州型香粧品産業団地(造成事業費400億ウォン)に国内外の香粧品企業を誘致するものの、化粧品や香料、水を応用した商品を中核事業に位置づけ、北東アジア最高の香粧品都市に育成することを提案した。

研究陣は、この団地内に70億ウォンを投じてISO(国際標準化機構) GMPGood Manufacturing Practice、医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準)に合う工場を設立しするとともに、150億ウォンを投資して技術支援センターを構築することにより化粧品に関わる技術とデザイン、新原料の確保などを支援し、企業競争力を高めなければならないと提示した。

また、済州市のセビョル・オルムや西帰浦市一帯に各種の香粧品を体験しながら休息と治療を楽しめる化粧品村を造成し、新しいテーマ観光地として育成する案も出された。化粧品村には香粧品博物館をはじめ、化粧品・香料体験場及び販売場、ハブ体験場、オーガニック・環境配慮型化粧品原料の栽培場などが入る計画だ。

済州テクノパークはこの研究結果に基づき、今年から香粧品産業基盤の造成と関連企業誘致に積極的に乗り出す予定だ。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.02.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。