本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州航空、6月ごろに済州~大阪線の定期便を就航へ
作成日
2011.03.31
ヒット
238
제목 없음

聯合ニュースによると、

済州国際自由都市の観光客誘致という道民の期待とともに発足した済州航空が、発足6年で済州起点国際線に初めて定期就航する。

済州航空は24日、済州市内のホテルで記者会見を行い、5月中旬ごろに8号機((B737-800)が導入されれば、6月から済州と日本の大阪を結ぶ直行便が週4回以上運行する計画だと明らかにした。

運賃は従来通り、大韓航空とアシアナ航空より20~30%安くし、韓国を代表する格安航空会社ならではの安さをアピールするとの方針だ。

大阪は済州出身の在日同胞が最も多く居住する地域であり、安定的な需要を確保できると判断し、初の定期路線候補地として確定したという。

済州航空は2008年7月、済州~広島路線から不定期便の運行を開始し、これまで大阪、北九州、高知、宇部、岡山、松山、鹿児島、岩美など9都市に総112便のシャトルを投入し、総1万3000人の観光客を輸送した。

済州航空はまた、ゴールデンウィーク期間中に松山、岡山、高知など3路線に6便のシャトルを運行する計画だ。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.03.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。