本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州に熔岩海水産業団地の造成見通し
作成日
2011.04.26
ヒット
226
제목 없음

聯合ニュースによると、

済州の熔岩海水を活用して食品と化粧品、飲料などを生産する事業が本格的に推進される見通しだ。

済州道議会の行政自治委員会は25日に開催された第281回臨時会議で、済州熔岩海水産業化団地の造成敷地である済州市・舊左邑・漢東里一帯の17万9868平方メートルを現物出資するという内容を盛り込んだ共有財産管理計画を条件付きで可決した。

熔岩海水産業化団地開発事業は、2012年まで総事業費147億ウォンを投じて道路や上下水道、電気、通信など基盤施設を造成し、飲み水や済州ビール、機能性飲料、化粧品、スパなどを誘致するもので、済州道開発公社が施行を行う。

済州道開発公社は2012年12月の完工をメドに、今年7月に熔岩海水産業団地の基板造成工事に着工し、済州テクノパークは8月に熔岩海水産業化支援センター建設工事を発注する予定だ。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.04.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。