本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州、「英語教育都市化」へ本格始動
作成日
2011.07.06
ヒット
250
제목 없음

聯合ニュースによると、

国土海洋部は、済州道・西帰浦市・大静邑一帯の英語教育都市でカナダのブランクサム・ホールアジア(Branksome Hall Asia)の着工式を30日に行うと発表した。

着工式には、国土海洋部の韓晩喜第1次官と済州特別自治道の禹瑾敏知事、ブランクサム・ホールのキャロン・マートン校長など約1千人が出席する。

ブランクサム・ホールは、1903年にカナダのトロントに設立された私立女子校で、幼稚園から12学年までの全課程において国際標準教科課程であるIB(International Baccalaureate)プログラムを採用している。

来年9月に開校されるブランクサム・ホールアジアは、幼稚園から12学年までの課程を統合・運営するとともに、カナダ本校と同様の教育課程とシステムを採用する予定。定員は約1200人。

済州英語教育都市は、9月にイギリスのNLCS済州と公立国際学校KIS済州の開校も予定している。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.06.30

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。