本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
JDC、スマートワークセンター構築を推進
作成日
2011.07.11
ヒット
233
제목 없음

聯合ニュースによると、

済州先端科学団地に韓国初の民間賃貸型スマートワークセンターが構築される。

済州国際自由都市開発センター(以下JDC)はKTとともに、今年11月をめどに済州先端科学団地に情報技術基盤が整った複合業務施設「スマートワークセンター」を構築する計画を明らかにした。総事業費は政府出資金1億5千万ウォンを含む総6億ウォン。

JDCは済州先端科学団地のエリートビルの1階(660㎡)に電算ネットワークとオフィス環境、テレビ会議システムなどを整備した遠隔業務用オフィスを設置し、民間企業に有償で賃貸する予定だ。

JDCの関係者は、済州スマートワークセンターの構築により、済州先端科学技術団地とIT産業の活性化に弾みが付くものと期待感を示した。

*「済州国際自由都市開発センター(JDC)」

済州国際自由都市の中核プロジェクトの一つ。済州市・我羅洞一帯(約109万8千㎡)に先端科学技術団地の造成事業を展開している。現在、韓国のポータルサービス企業、ダウム・コミュニケーション、イーストソフト、韓国海洋研究院、韓国基礎科学支援研究院など、60社が入居(予定企業を含む)している。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.07.04

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。