本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
世界傑出華商協会の華僑商人80人、済州ファムツアーへ
作成日
2011.09.15
ヒット
280
제목 없음

 

聯合ニュースによると、

済州道は、華僑の商人で構成された世界傑出華商人協会の会員80人を招き、観光開発事業場と名所のファムツアーを行うことを7日、明らかにした。

811日にかけて34日の日程で済州を訪問する華僑商人らは初日、ラオンレジャー開発()が済州市翰林邑才陵地区に建設している934世帯規模のラオンプライベートタウンを訪問する。

()西海総合建設の子会社であるグランブルR&G()が済州市翰林邑今岳里に造成しているアデンヒールリゾートも訪れる。

911日には主に盆栽を展示する「考える庭園」と「済州石文化公演」、世界自然遺産の「城山日出峯」などを観覧する。

世界傑出華商協会は全世界の華僑商人が作ったネットワーク。傘下には世界華商500大企業化で構成された華商500大クラブ、未来リーダークラブ、傑出華商投資家クラブなどの組織がある。

済州道は彼らを対象に投資説明会を行い、休養型リゾートを購入した外国人に永住権を与える制度と濟州の長点などを説明して投資を誘導する方針。

政府は投資誘致促進のため「出入国管理法施行令」を改正、2月から州にある分譲価格50万ドル以上(5億ウォン以上)の休養型リゾートを購入した外国人に対して5年間居住ビザを発給し、その後は永住権(家族含む)を与える制度を運用している。

ラオンレジャー開発はこれを基に、ラオンプライベートタウンの全934世帯のうち187世帯(分譲価格1010億ウォン)を中国人に分譲した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2011.09.07)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。