本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
UNITAR済州訓練センターで「低炭素グリーン成長」を議論
作成日
2011.10.10
ヒット
230
제목 없음

聯合ニュースによると、

国連訓練調査研究所(UNITAR)の協力機関である済州国際訓練センター(JITC:Jeju International Training Centers for Local Authorities and Actors)は「低炭素都市-地方政府のためのグリーン成長」をテーマにしたワークショップを開催すると8日明らかにした。

西帰浦市済州国際平和センターで12日~14日まで3日間行われる同ワークショップには韓国・ネパール・台湾・モンゴル・インド・インドネシア・中国・タイ・ベトナムなどアジア9カ国地方政府の高官と専門家など約20人が参加する。

ムン・スンイルソウル大学電気工学部教授が韓国のグリーン成長戦略と政策を紹介し、大統領直属グリーン成長委員会委員、国連訓練調査研究所・国連環境計画(UNEP)・アジア開発銀行の関係者などが東アジアにおける気候関連パートナーシップとアジア開発銀行のエネルギー効率関連プログラムなどを紹介する。

済州国際訓練センターはUNITARの国際訓練センター(CIFAL)で、昨年10月に世界で9番目、アジアでは3番目にオープンした。

済州国際訓練センターはアジア・太平洋地域の指導者および高官と環境関連活動家などを対象に人間の安全保障(Human Security)と環境、平和部門の教育プログラムを運営する目的で設立された。

原文記事

出所:聯合ニュース(2011.10.08)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。