本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
首都圏企業が済州に移転すると、補助金支援が拡大
作成日
2012.02.21
ヒット
245
제목 없음

聯合ニュースによると、

首都圏から済州に移転する企業に対し、敷地買入費と施設投資費など各種補助金の支援が拡大されることがわかった。

済州道は21日、済州に移転する首都圏企業に対して敷地買入費または賃貸料の補助金支援率を従来の40%から45%に引き上げるなどの内容を盛り込んだ「地方投資促進補助金細部支援基準」をまとめ、今月から施行することを明らかにした。

建築費・装備購入費など施設投資費の補助金支援率は、従来の10%から15%に引き上げられた。

従来は2回にわたって支給していた敷地買入費と賃貸料の補助金も一括支給にするなど、制度を改善した。

それに先立ち、道は1月から非首都圏から移転してきた企業に対して施設投資費の10%を支援している。

しかし、支援を受ける企業が事前に約束した内容を決められた期間内に履行しないと、利子を含む補助金全額を回収する。

済州道は投資誘致説明会と企業訪問などを通じ、輸出や雇用創出、観光産業などに効果が大きい有望成長企業と研修院などを積極的に誘致する方針だ。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.02.21)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。